【 歌詞 】


山下達郎.org − 【 歌詞 】 カテゴリー内 記事へのコメントは、下記からお願い致します。


山下達郎.org − 【 トップページ 】 に戻る

山下達郎.org − 【 歌詞 】 カテゴリーページに戻る



 sponsored links



posted by Katsuaki at 07:30 | Comment(8) | 【 歌詞 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事へのコメント
いやぁ、管理人さんの粘り強さには感服しますよ…。
「黄昏」、こんなにあったんですね。。
「しじま」と並んで達郎節のひとつですね(笑)

なんとなく、小田和正氏も「たそがれ」をよく使ってる気が…

歌詞の研究を始めるともう止まりませんね。。
http://warapappa.jp/archives/1491618.html
http://warapappa.jp/archives/1492190.html

こちらのサイトでは、AR三兄弟の川田十無氏がOPUS収録作品の頻出ワードをピックアップして独断で再構成するという試みを行ってらっしゃいます。
良かったらお読みください(笑)
Posted by Torippy at 2014年04月13日 19:06
> Torippyさん
> 粘り強さには感服します

あ、いや、歌詞検索サイトで ちょっと工夫して検索すると、一気に簡単に
調べることができるんです。
偉いのは歌詞検索サイトです。w ( ̄▽ ̄)
Posted by 管理人 at 2014年04月14日 05:38
「Bomber」も同系統と言えますが、こうした無国籍アウトロー・ゴルゴ13テイスト的歌詞は、他にはアリス(谷村新司)の「狙撃者(スナイパー)」「エスピオナージ」位のもので、正に吉田美奈子の面目躍如との感があります。
現在の達郎さん自作の詩とは全く作風が異なるものであり、逆に言えば、貴重なライティング・チームだったと思います。
Posted by マンボの父 at 2014年07月04日 22:55
> マンボの父さん
> 現在の達郎さん自作の詩とは全く作風が異なる ...

殺し屋の歌とか、今後も達郎さんが作ることはないでしょうね。
作ったとしても売れるかどうか ... 私はもちろん出たら買いますが。(^^;
Posted by 管理人 at 2014年07月05日 02:03
 歌詞についての「どうぞ」ですが、気にしてみると結構多いかもしれませんね。

 納得してしまった部分がありますね。

 さて、「どうぞ」と「どうか」ですが、ワタクシもアマチュアではありましたが、詩を書き、曲と付けて歌っていました。(今年の1月までは・・・)

 メロディーに載せると「か」って個人的な意見ですが・・・抜けちゃって歌いにくいってのもあります。

 「か」よりも「ぞ」の方が濁音なので、メロディーと合わせた時に「か」だとメロディーに負けちゃって「空気」っぽくなっちゃうようなこともありますが、「どうぞ」となるとしっかりとメロディーと対に残る部分もありますね。

 「か」って「くゎ」ってロック風味に歌ったり「きゃ」って歌うミュージシャンもいるのは・・・そういうことなのかはわかりませんが・・・・

 完全個人的見解ですいませんが・・・そんなこと思いました。
Posted by FC会員20年目 at 2014年10月27日 21:31
> FC会員20年目さん
> 完全個人的見解ですいませんが・・・そんなこと思いました

いえ、おっしゃること、理解できます。
語尾は濁音のほうが自然に力強く歌えますね。座りがいいといいますか。
「どうか」の場合は軽くて浮いちゃう感じ。
そういったことは十分に考えられますね。
Posted by 管理人 at 2014年10月28日 01:01
 「サンソン症候群」は20代の頃、そうでした。

 達郎さんの最後の「それではみなさんごきげんよう〜さよなら」・・・「あぁ。。終わっちゃった。。」(涙)

 明日から仕事だ。。って気分になってしまったものです。(月曜の早朝6時半から会議だったので憂鬱になるのも無理はありません。)

 今はそういうことも無くなりました。
Posted by FC会員22年目 at 2016年01月27日 22:18
> FC会員22年目さん

サザエさん、まるちゃん、笑点、共通するのは長寿番組だということ。
優秀な番組なんだと思います。もちろんサンソンも同様ですね。
Posted by 管理人 at 2016年01月28日 16:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。