【 関係各位 】


山下達郎.org − 【 関係各位 】 カテゴリー内 記事へのコメントは、下記からお願い致します。


山下達郎.org − 【 トップページ 】 に戻る

山下達郎.org − 【 関係各位 】 カテゴリーページに戻る



 sponsored links

posted by Katsuaki at 08:00 | Comment(74) | 【 関係各位 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事へのコメント
達郎さんライブで大滝さんの曲聞いたら、泣きそうです。
悲しすぎる。亡くなってしまったことがますます現実として迫ってきそうだから。
Posted by すみれ at 2014年01月18日 20:08
まだ亡くなられて日が浅いですから、なかなか実感がわかないですよね。
ロンバケとかイーチタイムとか 改めて最近聴きましたが、やっぱりいいアルバムです。
もう新作が聴けないというのは、本当に残念です。
Posted by 管理人 at 2014年01月19日 03:05
今日で佐野さんの「元春レイディオショー」での大滝さん追悼特集は終わってしまいました。
大滝さんは幸せな人生だったんだろうなあと思います。
好きなことにあれほど打ち込んだのですから。
佐野さんのコメントを聞いて、私も「カナリア諸島にて」を聞きながらまたまた
じわじわと来てしまいました。

ところで管理人様が教えてくださった「ケルト」という雑誌の大滝さん特集って
どのような内容かご存知ですか?最寄りの本屋には置いていなくて注文するかどうか
悩んでいます(悩まず買うべきか)。
Posted by すみれ at 2014年02月19日 00:31
> すみれさん
> ケトル

私もまだ 手元にありません。
こちらのページの ( → http://katsuaki.xsrv.jp/20140210.html ) リンク先に
詳細な情報が載っていますが、60ページ近くを大瀧さんの特集に割いているようなので、
やっぱり 「 買い 」 じゃないですかね。
Posted by 管理人 at 2014年02月19日 14:27
佐野さんのラジオショーも終わってしまい…。

管理人様の最後の1行がとても気になるのですが…。

そういえばそんな話もネットで目にしたことがあるような…。

どういうことですか?

何も知りません。

佐野さんは、達郎さんとはちょっと毛色が違うと思います。

佐野さんは生真面目すぎるイメージ。

タツローさんや大滝さんが生真面目ではないとは言いませんが、真面目の質が違うからちょっと合わないのでは…?

私はどちらの雰囲気も好きだからどちらもファンです。
Posted by すみれ at 2014年03月25日 23:04
> すみれさん
> 最後の1行がとても気になるのですが ...

陽水さんの奥様が歌手の石川セリさん。
石川セリさんの妹さんも歌手でROMY(石川ひろみ)さん。
で、このROMYさんが、佐野さんの奥様では?と言われています。
現在は歌手はやってないと思いますが。
http://www.youtube.com/watch?v=OjXiShkKQus

佐野さんの個人事務所・エムズファクトリーの代表取締役も佐野浩巳(さのひろみ)となっています。
http://whois.nic.ad.jp/cgi-bin/whois_gw?key=61.197.217.136/29

どこまでが確かな情報なのかは分かりませんが。
Posted by 管理人 at 2014年03月26日 02:43
管理人様

わざわざいろんなページをありがとうございました。

どうでもいいことかもしれませんが、佐野さんは家庭のにおいがしないですよね。

結婚しているのか、奥様がどんな人か、ほとんど知られていないと思います。

ちなみに私は陽水さんも大好きです。

ここ何年かは近くでライブがあるときは必ず行っていました。

自慢は記念イベントでバックコーラスをしたことがあることです。

一度こちらにも書いたことがあるかもしれません。

最高に楽しい体験でした。

陽水さんの手を両手で握って握手しちゃったし!

あのふわふわした感触は忘れられませ〜ん!
Posted by すみれ at 2014年03月27日 23:32
> すみれさん
> 自慢は記念イベントでバックコーラスをしたことがあることです

それはすごい。 一生の思い出ですね。

> ふわふわした感触は忘れられませ〜ん

ふわふわした感触? どんな感触なんでしょう(笑)
Posted by 管理人 at 2014年03月28日 12:47
管理人様

行ってきました!
杉様&村っちゃんの還暦ツアー。
はじめて生のお二人の声を聴きましたよ。
しかもホールの一列目よりもっと近い距離感で。
こんなにアットホームなライブなら、アンプラグドでもいいんじゃないかと思ってしまいました。でも、村田さんがいろいろ機械で一人ハモリしていたからそれは無理ですね。
もう、笑いっぱなしでした。
郡山でのハプニングも披露していましたよ。
杉様がサビで間違って止まり、サビからやり直したって。
「ふつう最初からでしょ!」

村田さんって楽しい方ですね。
おひげ姿に、かなりデビューのころよりふっくらなさって雰囲気が違っていましたが…お声の伸びは良かったです。
杉様は相変わらずスレンダーで、ちょっとおじさまにはなったけどあのころの雰囲気がそのままでした。曲もやっぱりどこか都会っぽくてあこがれのイメージ。
お二人とも若々しくてうらやましい限りでした。好きなことをして生きていると若々しくいられるのですね。
達郎さんのライブもこんなのがあると嬉しいですね。
村田さんは、「自分のライブは写真も動画撮りもOK!もうフルライブUチューブにながしてもいいかなあ」とおっしゃっていましたよ。実際、最前列では写真撮っていた人が複数いました。こういう雰囲気いいですね。お高くなくて。
お二人のこのツアー、今回は今まで行ったことがない所にも行きます、とのことでした。達郎さんも、次のツアーはそういう場所に行ってほしいです。今回はマニアックだから、大都市が無難でしょうけどね。
管理人様のおかげで私もお二人の還暦ツアー行ってみようと思えましたので、御礼申し上げます。本当に楽しい夜でした。
Posted by すみれ at 2014年04月26日 23:36
> すみれさん
> 行ってきました! 杉様&村っちゃんの還暦ツアー。

おぉ、ついにデビューしましたか。 奈良でのライブでしょうか?

> 村田さん ... お声の伸びは良かったです

あの声量には驚かされますよねー。

> 杉様は相変わらずスレンダーで ...

あれで無類のカツ好きなんだそうです。

> お二人のこのツアー、今回は今まで行ったことがない所にも行きます、
> とのことでした

そうですね。もっと たくさんの人に見てもらいたいですよね。(^^)
Posted by 管理人 at 2014年04月27日 13:04
詩のみ提供の作品というのは本当にレアですね。他にはセンチの「ゴーイング・バック」くらいではないでしょうか。(どちらもファンクラブ販売の作品集で聴けます)
依頼された経緯をぜひ聞きたいものです。
Posted by マンボの父 at 2014年05月16日 23:17
> マンボの父さん
> 依頼された経緯

村松さんはシュガー・ベイブのころから、達郎さんの詞を気に入ってくれてたそうです。
センチのほうも同様な理由らしいです。( FC会報より )
Posted by 管理人 at 2014年05月17日 02:25
高校生の頃、デビーギブソンがすっごい好きでした。毎日聞いてたんですけど。
このアルバムも持っています。
でも…今の今まで知らなかったです!達郎さんが…関わっていたなんて!!!!!
管理人さんってやっぱりすごい博識(マニアックかな?笑)です♪
Posted by うし at 2014年08月26日 10:25
知らないはずでした…私持ってるの日本盤じゃなかったみたいです。
ATLANTICでした。残念! 自己完結してすみません。
今日は懐かしくデビーギブソン聞きながら仕事します♪
今日からチケット引き換えなんですが、ファミマが近くに無いので…当日までに何とかしないと。なんかちょっとあせりを感じます…。
Posted by うし at 2014年08月26日 10:56
> うしさん
> 管理人さんって ... マニアック

いえ、デビーギブソンに関しては達郎さん関連の話しか知りません。
どの曲が1位になったとか知らないので、調べて書いてます。 (^^;

それよりデビーギブソンの海外盤を持っている、うしさんのほうがマニアック? のような気がします。 (笑)
Posted by 管理人 at 2014年08月26日 12:34
「Without You」が「さよなら夏の日」のカバーとのことですが、時系列的には前者の方が先に発表されていたと思います。(後者は、アルチザンの先行シングルですから)
恐らく、達郎氏が後日作詞・改作したのではと思いますが。
それにしても、M.マンチェスターとのデュオといい、アメリカの一流シンガーとコラボする達郎氏はやはり大したものです。
Posted by マンボの父 at 2014年08月27日 08:47
> マンボの父さん

その辺のことが詳しく分からないんですよね。
「 Without You 」は1990年、「 さよなら夏の日 」は1991年ですから。
日本ではアトランティックの販売権をMMGが持っていたので、そちらの関係で達郎さんよりも先に
リリース出来たのかな?などとも考えられます。
この件に関してのソースを見たことがないので、確かなことが分かりません …
Posted by 管理人 at 2014年08月27日 14:50
>管理人さま

「ジェットコースター・ロマンス」、
出た当時はアレンジが達郎さんじゃなかったので、持っていませんでした(汗)。
けど、プロデュース作品に違いはないし、オケには達郎さんのコーラス入りなので
遅れて購入。ある意味、オリジナル・カラオケ目当てかも(笑)。

「Happy Happy Greeting」は当時、初回限定生産シングルを買い逃したので、
マキシ化されてから入手しました。
Posted by 高気圧ドリーミング・ボーイ at 2014年08月30日 20:56
> 高気圧ドリーミング・ボーイさん
> マキシ化されてから入手しました ...

あら、マキシ化されていることさえしりませんでした。
じゃあ 自分が持ってる8cmCDは、初回限定生産?
なんかジャケットを開くと、X'masツリーのポップが立ち上がるんです。
こちらなんですけどね。 → http://fine-day.org/kinki.jpg
Posted by 管理人 at 2014年08月30日 23:39
>管理人さま

>8cmCDは、初回限定生産?

100万枚限定生産だったみたいですよ。

マキシ化については、
2007年に『硝子の少年』から『フラワー』までの7枚が
マキシシングルとして再発されました。
リマスターとかはされてないみたいです。

ちなみにジャケットの中身はモノクロの歌詞のみという仕様なので、
8cmCDのほうがレアかもしれません(^^)v。

それにしても、NEWSの『Snow Express』が提供された経緯が謎です。
これって、達郎さんサイドからはあまり語られてませんよね?。
レコーディングには関わっていないようですし。
小杉さん経由で楽曲のストックを提供・・・という流れでしょうかね?。
Posted by 高気圧ドリーミング・ボーイ at 2014年08月31日 07:43
> 高気圧ドリーミング・ボーイさん
> NEWSの『Snow Express』...

ストックなのか書き下ろしなのかは … ですが、NEWSもレーベルはジャニーズ・エンタテイメントなので、
小杉さんの関係でしょうね。

でもやっぱり、アレンジが達郎さんだったら、もう少しCDをかける頻度も増えるんですが … そこだけが
残念です。
Posted by 管理人 at 2014年08月31日 13:14
哀しいかな、シュガーベイブ時代の達朗さんを知りません。でもYouTubeやファンの方のブログ等で当時の活動内容や音源を知る事が出来るのは嬉しい
シュガーベイブの未発表たくさんあるみたいですが、私はユーミンという曲がダイスキ♪詞も曲も(^o^)/
当時のとんがった?達朗が目に浮かぶようです、何で当時に巡り会えなかったのか
未だに悔やまれます((泣)
当時好きで聴いていた石川セリさんのアルバムにもコーラスで参加されていたらしく
つい最近、カビ臭いレコー ドを出して自分の目で確認しました
3〜40年ずっと近くに居たのにね(;_;)
ティンパンアレイやユーミンのバックバンドやコーラス、当時達朗さんと関わってた人達の名前を見ると仰け反ります。
1973辺りにタイムスリップしたい(^o^;)
Posted by Marchin at 2014年10月30日 02:01
> Marchinさん
> 石川セリさんのアルバムにもコーラスで参加されていたらしく ...

1976年 「ときどき私は」 収録の 「なんとなく...」 ですね。

> 1973辺りにタイムスリップしたい

1973年 … 自分は3歳に戻ってしまいます。(笑)
Posted by 管理人 at 2014年10月30日 04:01
大貫妙子さんの LIVE'93 Shooting star in the blue sky
ご紹介いただきありがとうございました。

「 Shooting star in the blue sky 」
が、リリースされた直後の実際のライブに参加していたことを
思い出しました。

当時 小林武史氏のアレンジで、大貫さんのPOPで明るい面が
引き出され、とても驚きました。

ライブ盤がリリースされていたことを失念しており、
この度早速アマゾンで中古を物色していると、徐々に
売れてゆくのを感じて急いで注文しました。
管理人さんの影響力をひしひしと感じます。

pure acoustic の様な、ストリングスを
中心にしたアレンジは大好きですが、
Shooting star のようなアレンジも
リラックスして聴けるので、とても気に入りました。

今日の夜は、大貫さん三昧で過ごします。
Posted by 三國屋太郎 at 2015年01月16日 21:43
> 三國屋太郎さん

小林武史さんと組んだ New Moon, Drawing, Shooting star ... は 大貫さんの音楽史の中で、一番ポップな時期でした。

Shooting star ... はライブ・アルバムの他に、ライブ・ビデオも出ていて、自分の手元にもあるんですが、なんせまともに動くデッキがなくて見ることができません。

Shooting star in the blue sky LIVE [VHS] : http://goo.gl/E1FKQ5

3月には 40周年ライブの Blu-ray, DVD も出ることが決まっていますね。こちらも楽しみです。

40th ANNIVERSARY LIVE : http://goo.gl/DggVVU
Posted by 管理人 at 2015年01月17日 02:30
おはようございます。アコースティックでの硝子の少年 気が滅入っているときの、定番曲にしています。小杉さんの息子さんとは全く知りませんでした。私のような、はしくれには勉強になります。いつもありがとうございます。くれぐれもご自愛ください。
Posted by 達郎さんファンのはしくれ at 2015年01月27日 08:52
> 達郎さんファンのはしくれさん

アコースティックでの硝子の少年 … ってなんでしたっけ?
YouTub にのってる、一般の方のカバーのことでしょうか?
Posted by 管理人 at 2015年01月27日 14:35
管理人さま お久しぶりです。

キンキのカラオケアルバム、
限定シングル『ハッピー・ハッピー・グリーティング』の純カラ目的で
買おうと思いましたが、のちにマキシでリイシューされたので買いませんでした。

達郎さん関連でいいますと
マーチンさんのカラオケアルバム「MARTINI Instrumental Collection」
が良いです!。(現在廃盤)

「ラジオ・デイズ」に提供した3曲のカラオケが聴けます。
「おやすみロージー」のオケでライブのアカペラコーナーごっこをするのも
一興かと(笑)。
Posted by 高気圧ドリーミング・ボーイ at 2015年01月27日 17:27
> 高気圧ドリーミング・ボーイさん
> マーチンさんのカラオケアルバム ...

むー … 実はそのマーチン・カラオケの件は、後日書こうかと思っていたのですが ( ̄o ̄;;
さすが、ご存じでしたね。

何もなかったようにその内 書くと思いますので、その時は何もなかったように 読んでやって下さい。(笑)

それにしても特に ロージーのカラオケは最高ですね。 達郎ファン必聴です。
Posted by 管理人 at 2015年01月28日 01:32
管理者さま アコースティク・硝子の少年の件、私の勘違いでした。すみませんでした。これからも、よろしくお願いします。
Posted by 達郎さんファンのはしくれ at 2015年01月28日 12:04
 この欄で良いのかどうか
わかりませんが ....

出張とタイミングが合ったので、
ブルーノート東京で、
CHICKENSHACK(チキンシャック)
のライブに行ってきました。

2015 1.29 thu.
[1st]Open5:30pm Start7:00pm 
[2nd]Open8:45pm Start9:30pm

メンバー
Hidefumi Toki(sax)
土岐英史(サックス)
June Yamagishi(g)
山岸潤史(ギター)
Toru Tsuzuki(p,key)
続木徹(ピアノ、キーボード)
Wornell Jones(b)
ウォーネル・ジョーンズ(ベース)
Tomo'o Tsuruya(ds)
鶴谷智生(ドラムス)

久しぶりに、土岐さんの
サックスが聞けて大満足でした。
やはり、渋い音色ですね。
Posted by 三國屋太郎 at 2015年01月29日 22:08
> 三國屋太郎さん

本当に渋そうなライブですね。
土岐さんはおなじみですが、山岸さんも70年代に、達郎さんのライブでギターを弾いていたことがありました。
東京はいろいろ観れて、いいですね。
Posted by 管理人 at 2015年01月30日 05:42
>管理人さん
>本当に渋そうなライブですね。

サウンド的には、80年代のフュージョンです。
ノリの良いリズムに、各自の安定したテクニックが
重なりとても楽しめました。
メロディアスなフレーズは、泣かされます。
いずれも耳なじみのある曲ばかりでした。
mcは ずっと山岸さんがやられていました。

山岸さんが、メインの活動をアメリカに移して
久しく、今回のメンバーでのライブは数年に
1回の様です。ラッキーでした。

ついでに ・・・
大貫さんのライブも予定されています。

2015 3.16 mon.

[1st]Open5:30pm Start7:00pm
[2nd]Open8:45pm Start9:30pm

MEMBER

Taeko Onuki(vo)
大貫妙子(ヴォーカル)

Febian Reza Pane(p)
フェビアン・レザ・パネ(ピアノ)

Hiroshi Yoshino(b)
吉野弘(ベース)

Tatsuo Hayashi(ds)
林立夫(ドラムス)

2月に入ったら予約が開始されるようです。
個人的には、小さなハコでのライブが
とても気に入っています。
至近距離で、生の音が聴けるのはぜいたくですね。
コストパフォーマンス的にもよろしいかと。
大貫さんも行きたいですが、日程的に無理っぽいです。
( 。。。 残念)
Posted by 三國屋太郎 at 2015年01月30日 22:49
> 三國屋太郎さん
> 個人的には、小さなハコでのライブがとても気に入っています

ライブハウスとか、いいですよね。
自分も年に1度くらい郡山で村田(和人)さんのライブを観ますが、キャパ約50人です。
でも すごーく盛り上がります。
Posted by 管理人 at 2015年01月31日 12:46
 こんばんは。

 マーチンさんの「Martini」を実は先週末に手に入れました。この記事を読んだ後だったので、何とも偶然だなぁと思いまして。

 「Martini 2」は随分前に買ったのに、「Martini」の存在を忘れておりましたと同時に達郎さんが3曲提供したことも。。。達郎さんバージョンを聞いて満足していたのかもしれません。(実はマーチンバージョン初めて今聞いているところです。)

 そして、インストのアルバムまであるとは。。知らなかったです。

 マーチンさんも歌が上手いですね。自分が年取って良さがわかるシンガーですね。

 この入手したというアルバム「Martini」が。。こんなにいいアルバムなのに。。108円でハードオフのジャンクCDの棚にありました。。安いのはいいのですが。。何か複雑な気持ちで買いました。。
Posted by FC会員21年目 at 2015年02月03日 21:47
> FC会員21年目さん
> マーチンさんも歌が上手いですね

うまいですね。すごく黒っぽいと思います。

> ハードオフのジャンクCDの棚にありました

確かに 「 こんな名盤をジャンクコーナーに … 」 ってのは、よくありますよね。
でもジャンクコーナーは 魅力的です。 (^^;
Posted by 管理人 at 2015年02月04日 15:40
大貫さんのグレイ・スカイズ,最新のCDには達郎さんも参加しているデモ曲が収録されていますよ。
Posted by ろい at 2015年04月04日 23:42
> ろいさん
> デモ曲が収録されています

そうですよね。こういうの、ちゃんと買っておかないとですよね。
紙ジャケ盤と普通の盤と、どちらを買おうか、ちょっと悩みます。
Posted by 管理人 at 2015年04月05日 22:06
すっかりご無沙汰しちゃってます。久々の投降となりました。
私も杉さんと村田さんのずっと還暦ツアー行ってきました。一回行ってあまりに良かったんで、一ヶ月後に隣県の県外へ泊まりがけで追っかけてきましたがやはり良かったです。(ちなみに曲目や曲順等ちょこっと代わってましたよ)
杉さんは車のCMで使われた「Catch Your Way」で彼を知り、村田さんの方は達郎さんの絡みで存在を知ったわけで、あくまで達郎ファンの私として彼等二人のSoundにもこれまで触れてきましたが、Liveの彼等の唄声に触れたのが実は還暦ツアーが初めてでした。
こんな近い距離で彼等の曲やMCを聞けて本当に幸せというか、世知辛いけどまだまだ人生を頑張って生き抜いてやるぞ(また彼等『特に村田さん』の唄声を聞くまで)、と気力をもらった気がします。
勿論達郎さんのLiveでもそうでしたが…、正直言って…今は村田さんを応援したい気持ちがとてもとても強くなっています。(唄声は勿論村田さんの人柄や生き方にものすごく共鳴してしまったかも)
健康に留意していただいてこれからも頑張っていただきたいです。
長文失礼致しました
m(__)m
Posted by ホスオ at 2015年06月08日 09:52
> ホスオさん

ホスオさん = オサイさんですね。ご無沙汰しております。

> 杉さんと村田さんのずっと還暦ツアー ...

なんといっても、二人とも声がまったくといっていいほど変わっていないのが、ライブを観ていて一番すごいと感じます。
まりやさんの先輩の杉さんと、達郎さんと師弟関係にある村田さんが組んで、いっしょにライブをやっているというのも、何か因縁めいたものを感じます。(?)
Posted by 管理人 at 2015年06月08日 15:28
先週末に私も村田さんと杉さんの還暦ツアーに顔を出してきました。
場所は昨秋、達郎さんが伝説的なライブを行ったボトムラインの一階で行われました。
お二人とも年齢を感じさせないぐらいに、よく声が出ていましたね。
終演後には購入したCDにサインをいただく際に、村田さんと少しお話も出来て、とても嬉しかったです。
9月には、伊藤銀次さんも参加されて名古屋に来るとおっしゃっていました。
Posted by ナゴヤのとっつあん at 2015年07月04日 09:01
> ナゴヤのとっつぁんさん
> 達郎さんが伝説的なライブを行ったボトムラインの一階で行われました

BL cafe って、ボトムライン・カフェのことだったんですね。初めて知りました。

> 9月には、伊藤銀次さんも参加されて名古屋に来ると ...

最新の POP FILE RETURNS で、その辺の話が出ていました。
http://www.110107.com/mob/news/diarKijiShw.php?site=OTONANO&ima=1852&id=569&ct=popfilereturns

ライブ、楽しそうですね。 ^ ^
Posted by 管理人 at 2015年07月04日 20:21
「奇跡のトライアングル・ツアー」初日に参加してきました。
曲も含めて、山下夫妻の話題満載のライブでしたね。
ツアーがまだ続くので詳しくは書けませんが、今年40周年を迎えた銀次さん作詞の「あの曲」も演奏してくれました。
Posted by ナゴヤのとっつあん at 2015年09月20日 12:26
> ナゴヤのとっつあんさん
> 山下夫妻の話題満載のライブでしたね

あー、やっぱり出ましたか。その類の話題。
ここには書きずらい話も、たくさんあったんでしょうね。(笑)
Posted by 管理人 at 2015年09月21日 02:18
私もこちらでの情報をもとに9/21の神戸ライブに行って来ました。
三人とも還暦をすぎても声も良く出ており、聴きたい曲もやって頂けたので良かったです。MCも楽しく3時間半のライブ堪能しました。ライブ終了後、私は村田和人さんの「P-CAN」を購入しサインと固く握手をして頂き、感激ものでした。
Posted by まさあき at 2015年09月23日 21:35
> まさあきさん
> 村田和人さんの「P-CAN」を購入しサインと固く握手をして頂き ...

年明け早々にニューアルバムが出る予定らしいので(1月2日 = 村田さんの誕生日)、そちらも楽しみです。
タイトルは 「 どピーカン 」 だそうです。(笑)
Posted by 管理人 at 2015年09月24日 08:23
「奇跡のトライアングル・ツアー」終了したので、まりやさん・達郎さんに関連した曲のセットリストを記しておきます。

「SUMMER VACATION」 村田和人
「Dear Angie〜あなたは負けない」 杉真理
「CRYING ALL NIGHT LONG」「幸せにさよなら」「DOWNTOWN」 伊藤銀次

こんな感じだったでしょうか?
本当はMCの方が面白かったのですが、「あの方」の耳に入るといけませんからね。(笑)
Posted by ナゴヤのとっつあん at 2015年09月24日 23:05
> ナゴヤのとっつあんさん
> MCの方が面白かった

3人の、話だけのツアーってのも面白そうです。w
地方のほうも回って欲しい。(笑)
Posted by 管理人 at 2015年09月25日 02:40
「夢で逢えたら」のセルフカバーが出た時に、提供曲だけのフルアルバムがリリースされたらいいな?と勝手に妄想していましたが、実現されることになって、正直驚いています。

師匠不在ではありますが、ナイアガラらしい粋なアルバムタイトルも秀逸に感じます。

今年も3月21日が待ち遠しいですね。
さっそく、予約したいと思います。
Posted by ナゴヤのとっつあん at 2016年01月07日 21:43
> ナゴヤのとっつあんさん

本編ディスクがもちろん一番楽しみですが、ボーナスディスクも楽しみです。
ライブ音源とか、そんな感じでしょうかね?
Posted by 管理人 at 2016年01月08日 01:48
参加作品の多さを見て、改めて村田さんと達郎さんの絆の強さといったものを感じました。
かえすがえすも、早すぎる逝去が残念でなりません。
制作中のニューアルバムが、なんらかの形で世に出る事を希望します。
Posted by マンボの父 at 2016年03月02日 08:34
> マンボの父さん
> 村田さんと達郎さんの絆の強さといったものを感じました

達郎さんと同様に、まりやさんともいろいろありましたので、
サンソンでの追悼特集は、夫婦でやっていただけたら嬉しいです。
Posted by 管理人 at 2016年03月02日 11:45
夏の夫婦放談での「SUMMER VACATION」しか知りませんでしたが、先日のサンソンで達郎さんが流してくれた「一本の音楽」もとても良かったです。
昨日の日経夕刊でも、村田さんの「ひとかけらの夏」が取り上げられ、達郎さんとのつながりが強調された記事でした。
遅ればせながら、「ひとかけらの夏」、聴いてみようと思っています。
Posted by makko at 2016年03月03日 11:53
> makkoさん
> 遅ればせながら、「ひとかけらの夏」、聴いてみようと思っています

「 ひとかけらの夏 」 は、山下達郎・全面プロデュースですから、村田ファンだけじゃなく、
達郎ファンも必聴のアルバムです。

できれば、1st 「 また明日 」、3rd 「 My Crew 」 も一緒に聴くことをおすすめします。
( ひとかけらの夏は2nd )
Posted by 管理人 at 2016年03月04日 09:10
いきなり発表・売り切れとなった感の村田和人追悼ライブですが、面子が豪華すぎます!
中村哲・佐野久美といった懐かしい名前も見受けられ、これだけのメンバーでいったい何曲演奏するのか。
「あの方」の飛び入りもあったりして・・・ 参加できないのが残念です。
大阪でも何らかの形で、是非実現して貰いたいものです。
Posted by マンボの父 at 2016年04月18日 15:08
> マンボの父さん
> 大阪でも何らかの形で、是非実現して貰いたいものです

そうですね。大阪は村田さんの第二のホームグラウンドでしたから。
しかし本当に凄い面子です。
スケジュール調整、結構大変だったんじゃないでしょうか。
Posted by 管理人 at 2016年04月19日 12:27
 2015年11月に出た、柴田淳さんの
「All Time Request BEST しばづくし」
を先日入手して聴いていましたところ、
29曲中4曲で 青山純さんの ドラムを
見つけることができました。

2003年から2004年にリリースされた、
彼女のアルバムのドラムを担当されて
いたようですね。

いずれの曲も、シンプルなリズムの中に
独特の音色を感じる事が出来ました。

思わぬところで、青山純さんの音と
出会う事ができて嬉しく、
そして懐かしく感じました。
Posted by 三國屋太郎 at 2016年04月20日 22:39
村田さんの「TRUST」は、『FM STATION J-POP版 ビクター編』(2008年)で初めて聴いたのが最初で、その後、『CITY POP』(2003年頃に発売)をレンタルで借りて、「一本の音楽」,「潮騒」(達郎のカバー)を聴きました。「TRUST」を聴いた時は、ど頭から、達郎のコーラスに驚いた記憶があります。村田さんの追悼ライブには、中村哲さんが参加されるということで、かつてプリズム(このバンドは、ジャズ・フュージョンのバンドで現在でも活動しています)に在籍してたこともありますね。
Posted by ホームズ at 2016年04月21日 18:48
> 三國屋太郎さん
> 29曲中4曲で 青山純さんのドラムを 見つけることができました

膨大な数のスタジオセッションをこなしてますからねー。
B'z も プリプリも、実は青純さんだったらしいですから。

【 伊藤広規、青山純のラジカントロプス2.0 】
下記URL、3:50過ぎくらいから。
http://media.jorf.co.jp/podcast/radio/130415_itoaoyama.mp3
Posted by 管理人 at 2016年04月24日 11:38
> ホームズさん
> CITY POP

こちらですね。 → http://goo.gl/xVMsi2
もちろん現在廃盤です。

村田さんの潮騒は、YouTube にもアップされてますね。 → https://www.youtube.com/watch?v=PyI2omMUgyc
Posted by 管理人 at 2016年04月24日 11:47
関係各位を見て二人の名前が思い浮かびました。
佐藤博と山岸潤史です。

1982年発売の佐藤博の「アウェイクニング」の
10曲目「SAY GOODBAY」と11曲目「BLUE AND MOODY MUSIC」
のクレジットに
「TATSURO YAMASHITA FENDER TELECASTER」
と書かれています。

また
1977年発売の「GUITAR WORK SHOP」の
6曲目山岸潤史演奏の「GROOVIN'」・・F・キャバリエ,E・ブリガティ
のクレジットに
「Chorus 山下達郎」
と書かれています。
「アルチザン」の11曲目と同じ曲です。

もしどこかに書かれているようならば、どこに書かれてあるか教えて頂ければ幸いです。
Posted by ハッピーマニアック at 2016年05月14日 00:27
前回の投稿の後、気づいたのですが
坂本龍一さんも関係各位として、関わりが深いのでは。
坂本さんの「セルフ・ポートレイト」という曲では
達郎さんがギターを弾いています。
管理人さん、ご存知でしたか。
坂本さんの娘さんの美雨さんのラジオ番組にも
達郎さん、出演され、美雨さんは達郎さんの家に
遊びに行ったことがあるといっていました。
達郎さんと坂本さんは、マージャン仲間でもあったとか。
「SPACE」「IT'S A POPPIN TIME」でも坂本さんは大活躍されています。

山岸潤史さん、佐藤博さんとともに
お時間のある時にでも
この掲示板にても載せて戴けたらと思います。
失礼しました。
Posted by ハッピーマニアック at 2016年07月23日 00:56
 念願かなって、EPO さんのライブに
ようやく参加出来ました。

2016.10.20
ビルボードライブ大阪 2nd です。
セットリスト等は、小生のブログに
upしております。

懐かしい曲を聴いて、
昔を思い出してしまいました。

デビューから、数枚はLP を
買って聴いていました。
これからも、息の長い活動に
期待したいです。
Posted by 三國屋太郎 at 2016年10月23日 10:15
> 三國屋太郎さん
> 念願かなって、EPO さんのライブにようやく参加出来ました

ブログ、拝見しました。
80年代の曲 + “あなたはマドンナ” なんかも演ったんですね。
東北(せめて仙台)でも、いつかこういった感じのライブを、開催していただきたいです。

それと、ニューアルバム、実は自分、まだ買ってません。(汗)
何年か前から買わなくちゃと思っている 「 ヒットパレードライブ 」 のCD2枚といっしょに、今年中には購入したいと思ってます。

http://www.petsounds.co.jp/orderindies.html
Posted by 管理人 at 2016年10月24日 03:23
遅ればせながら、
鈴木雅之さん Radio Daysを
入手しました。

達郎さんつながりの楽曲目当て
ではありましたが、
EPO さんとのデュエットも
有ったのですね。失念していました。

当然ながら、鈴木雅之さんの
歌唱力に聞き惚れてしまいました。
名盤ですね。
しかも、安価に入手出来ました。
愛聴盤になりそうです。
Posted by 三國屋太郎 at 2016年10月30日 09:46
> 三國屋太郎さん
> Radio Days ... EPO さんとのデュエットも

「 For Your Love 」 ですね。
そういえば、Radio Days リリース1年前に、EPOの 「 Down Townラプソディー 」 でもデュエットしてましたっけ。

https://youtu.be/Gyu6Qdbisdo

やはり2人とも、歌唱力は抜群ですね。
Posted by 管理人 at 2016年10月30日 23:36
 管理人さんこんにちは

大貫妙子さんのライブに行って来ました。
ビルボードライブ大阪です。

東京は来週なので、
ネタバレになってしまいますが、
ブログにupしました。

演奏で聴かせる曲もあり、
充実したライブでした。

トークもおもしろかったです。
また、機会があれば参加したいです。
Posted by 三國屋太郎 at 2017年09月02日 16:03
> 三國屋太郎さん

ブログ、拝見しました。

「 BERIMBAU DO BEM 」 やったんですね。この曲が入った 「 TCHOU 」 大好きなアルバムです。

久しぶりに自分も、大貫さんのライブ、観てみたいです。
Posted by 管理人 at 2017年09月03日 09:25
>管理人さん

「 BERIMBAU DO BEM 」 の 収録アルバムが
お好きでしたか。

「最近のライブでは、お馴染み」とMC
がありましたか、小生はタイトルを知らず、
調べるのに手間取りました。

全体的にノリのいい曲が多く、
何時ものアルファー波全開とは異なり、
楽しさを強く感じたライブでした。

以前よりは、ライブは多くなってますので、
お住まいの近くで有ると良いですね。
小生の近くでは、動員が厳しいので・・・

サンシャワーのLP 再再発売は、
このライブを機会に知りました。

TV の影響はすごいですね。
Posted by 三國屋太郎 at 2017年09月03日 16:00
> 三國屋太郎さん

「 BERIMBAU DO BEM 」 ポルトガル語なので、聴き取れないですよね。(笑)
もちろん発音も難しいですが … 。

> サンシャワー ... TV の影響はすごいですね

あの1万円というのは、正直、ちょっと高すぎると思いました。(笑)
そこまでレアではないと思いますが。 どうなんでしょう … 。
Posted by 管理人 at 2017年09月04日 11:04
いつもありがとうございます。私は、鈴木英人展には、最終日に行って来ました。前日のサイン会に行きたかったのですが残念でした。達郎さんのジャケットコーナー、多くの素晴らしい作品を見ながら、達郎さんの曲も聴くことができ、いい空間でした。come alongUに売約済み3札貼ってありました。欲しかったなあ。お互いに、いつの日か買えますように?
Posted by 気仙のまっさん at 2017年10月03日 11:30
> 気仙のまっさん
> come alongUに売約済み3札貼ってありました

come along シリーズのリリースから、まだそんなに時間が経ってませんので、やっぱ欲しくなっちゃう人、多いでしょうね。

> お互いに、いつの日か買えますように?

そうですね、宝くじでも当たったら、検討してみたいと思います。 ^ ^;
Posted by 管理人 at 2017年10月03日 16:31
 先週になりますが、
伊藤銀次さんの45年目のライブに
参加できました。

色々な世代のミュージシャンとの
関わりは、素敵な事ですね。

贅沢なメンバーとゲスト。
とても楽しい時間を過ごせました。

とても雰囲気は表せませんが、
ブログにupしました。
よろしければ、ご覧ください。
Posted by 三國屋太郎 at 2017年10月27日 08:50
> 三國屋太郎さん

ブログ、拝見しました。さすがにゲストも豪華だったようで。
銀次さんのビルボードライブ、10/6には大阪のほうでも開催されてましたよね。

先週は、約24年ぶりのオリジナルソロアルバムもリリースされましたし。
https://goo.gl/57mqeb

来月は限定4CDボックスもリリースされますし。
https://goo.gl/YPJqgX

銀次ファンだけじゃなく、ナイアガラファンの人達も気になるところです。 … もちろん自分も。
Posted by 管理人 at 2017年10月29日 07:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。